ネイルのプロを目指そう

就職や自宅サロンに有利

ネイルアート

女性なら、誰でもきれいにしておきたいのが、ネイルです。ネイルがきれいだと、女性自身の気持ちも上がり、それだけで活力へと繋がります。そんなネイルですが、ネイリストにお願いする人が多いでしょう。実は、ネイリストになるには、ネイル検定に合格する必要があるのはご存知でしょうか。ネイル検定とは、ネイルのプロを目指す人の検定です。1級をもっていれば、相当なテクニックがあるとされています。この、ネイル検定の資格を保持していれば、ネイルサロンへの就職活動に有利という点があります。未経験者でも、採用をしているネイルサロンはもちろんあります。しかし、未経験者かネイル検定資格の保持者だと、後者を選ぶサロンは多いです。ネイル検定では、ネイルアートに必要な技術や知識を学びます。その為、即戦力に繋がることが、有利になっているのです。また、有利になるのは、ネイルサロンへ勤める時だけではありません。ネイル検定の資格があれば、自宅サロンを開いたときの集客にも有利なのです。ネイルの自宅サロンは、誰でも開くことができます。しかし、資格がない人にネイルを施してもらうのは不安ですよね。しかし、ネイル検定の資格を持っていることを宣伝すれば、お客さんも安心して来てくれます。資格の有無で、それだけ変わるなら、持っていたほうがいいですよね。ネイル検定は、通信講座や、学校へ通うことで学ぶことができます。誰でも簡単に始めることができるので、興味がある場合挑戦するといいでしょう。

資格を取得する

ネイル

ネイリストの資格としてネイル検定を受けてみましょう。資格を持っているとネイリストとして活動しやすくなるからです。また、知っておかなくてはならない知識も、ネイル検定を受けることによって身につけられます。特に基礎知識は覚えておいて損はありません。たとえネイリストになれなかったとしても、自身の趣味でネイルをする際、役立てることができます。お店として開かなくても、知人や友人のネイルをする時にも役立つこと間違いありません。また、最近は通信教育を利用してネイル検定を受ける人も多くなってきています。よって、社会人でも割と気軽に受けることができるのです。仕事をしながらでも、通信教育なら受講できやすいので、趣味の幅を広げるためにも受けてみることをお勧めします。それに、ネイル検定には級があります。まずは基礎的なところから受けてみましょう。そして、徐々に級をあげていけばいいのです。特にネイリストとして活動したいのなら、級は高いものを持っていた方が信用にも繋がります。特に2級以上の資格を持っていると、就職に有利です。当然、技術力も長けている人ではないと上の級はとれません。また、最近は単なるネイルではなく、ジェルネイルも人気です。実はジェルネイルの検定もあります。ジェルネイルは通常のネイルよりも長持ちするため、あえてジェルネイルを選択するお客さんも増えています。将来のために、いろいろなネイルの検定を取得しておくといいかもしれません。美容師として働く人もネイルができると重宝されます。

開催日や合格率について

手

現代ではネイルは、美容やファッションに欠かせないアイテムと言えるでしょう。手足の爪を整え、様々なカラーやデザインを施せば、とても美しく、華やかに見せる事ができます。ネイル人口はとても多いため、ネイリストを目指している方も増えているでしょう。ネイリストになるためには、決まった国家資格は存在しておらず、スクールも民間スクールが一般的です。しかし、民間団体でネイル検定が開催されていますので、取得すれば就職に有利になります。ネイル検定は、団体によって、開催されている時期や回数が異なっています。1月、4月、7月、10月と年に4回開催している団体や、6月と12月の年に2回開催している団体など様々です。また、受験料も団体によって設定が異なっており、受ける級が上になるほど、受験料は高くなります。そして、気になるのがネイル検定の難しさでしょう。民間資格なので簡単では、と考えがちですが、実は思っているよりも合格率は高くはないのです。最も有名なネイル検定を見てみると、3級は合格率は比較的高くなっていますが、1級になると合格率は35%程度だと言われています。実技試験と筆記試験が行われますが、実技試験の時間がとても長いため、技術がとても大切な事がわかります。過去の合格基準や問題などをしっかりと行い、試験に臨むと良いでしょう。1級はレベルが高いと言われているため、取得できれば、ネイリストとしてのレベルを上げる事ができ、自分の技術が認められた証にもなります。